シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北欧木製ローテーブル ミッドセンチュリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
p974-1

リビングにローテーブルを

リビングなどに、ローテーブルがあることによって部屋がまとまります。

ぜひ、部屋にローテーブルがないという人は、部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか?

最近では、ダイニングテーブルが基本になりました。ですので、リビングにはローテーブルを置かないという人も増えてきています。

しかしローテーブルがありますと、ちょっとした書き物をしたり、お茶を飲んだりと何かと便利です。

デザイン性と収納性

こちらは、天板が2枚重なっている、とてもデザイン性が高いローテーブルになります。

下の段には、飾りのスペースにしても良いですし、収納スペースとしても使うことができます。

天板がまるですので、角がなく安全性にも優れています。

天板の素材は、棚板:MDF オーク突板貼り(ラッカー塗装)です。ローテーブルの脚は、天然木曲げ木加工になっています。

色は、部屋に馴染むブラウン、ローブラウンの2色が用意されています。

どちらも、温かみのある天然木の素材を生かしたぬくもりのある色になっています。

重さは、約10.3kgとしっかりとしたローテーブルになります。

温かみと優しい雰囲気

値段は、デザイン性が高いわりに11980円(税込)と安いです。

こちらは、使い勝手をよく考えた、とても思いやりのあるローテーブルです。

木製だから出せる、温かみと優しい雰囲気もとても魅力的です。

お部屋の主役に

部屋の主役にしたくなるような、かわいいローテーブルをこの機会に置いてみませんか?

きっと、毎日の生活に優しく溶け込んでくれることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

北欧木製ローテーブル ミッドセンチュリー
この記事をお届けした
NUMK [ナムク]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!