シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ソファ選びの考え方】インテリアにあったソファーの選び方とは?北欧系、シック系についてのシンプルな考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
p2528-1

インテリアに合わせてソファーを買ったのはいいのだけれども、置いてみるとなんだかあっていない・・・なんて経験ありませんか?
インテリアある程度の特徴があり、それを分かっていないで雰囲気で買ってしまうと失敗してしまう事が多くあるようです。
そこで今回はインテリアごとに分けてジャストなソファーの特徴をお教えします。

「北欧系ソファー」はどう考える?

北欧系は木材を基調にしたシンプルなインテリアを指します。
そんな北欧家具は加工をほとんどせずに、家具にしてしまうケースが多く木材の色が明るい物が多い。
そのため木材の色が濃い家具にすると合わない確率が高くなってしまいます。
北欧系のソファーでお部屋作りを考えるなら色の明るい木材のソファーを選んでくださいね。

Stizia(スティツア)2人掛けソファ

「シック系ソファー」はどう考える?

シックというのですから、重厚感のあるソファーがいいでしょう。
シック感を出す為には、ソファーの色味が重要です。
そのため原色や薄い色はNGです。
黒や赤、濃い緑など暗い色味を選んで!
また、フレームが鉄で無くとも、暗い木材だったら印象を醸し出せますよ。

L字カウチソファー

インテリアについて知ろう

インテリアはそれぞれ個性があります。
しかし、その個性を知らずに自分のイメージで購入すると失敗してしまう確率が高くなるのです。
そのため、まずはそのインテリアの特徴の色や素材などを知っておきましょう。
そうする事であなたが目指しているインテリアに近づいていきます。
もちろん好みは大切ですが、統一感がなくなる事だけは避けたいものですよね。

「北欧系ソファー」なら明るい木材、「シック系ソファー」なら暗めの色でまとめる

いかがでしたでしょうか。
北欧系、シック系のソファの基本的な考え方の紹介でした。
ソファはお部屋の顔となるアイテムです。そのチョイスで失敗のないように、購入前にどんなお部屋を目指したいか整理してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【ソファ選びの考え方】インテリアにあったソファーの選び方とは?北欧系、シック系についてのシンプルな考え方
この記事をお届けした
NUMK [ナムク]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!