シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【海外でよく見る風景】バナナの長持ち&キッチンのアクセントに「バナナツリー」を彩りとして

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
バナナツリー

欧米で果物を食べる家庭には必ずあるという「バナナツリー」。
バナナスタンド、バナナフックと呼んだりもしますね。
いろいろな形がありますが、シンプルな中でも上品なカーブがポイントです。
「バナナツリー」は、バナナを長持ちさせ、キッチンやお部屋にアクセントとして早変わりします。

「ただ飾るだけ」ではもったいない、バナナの保存方法

バナナのルーツになるのかもしれませんが、木に付いたまま熟すことはほとんどないバナナ。
切り取られた後出来るだけ立てておく、それが保存の秘訣と言われます。
買ってきたバナナを、袋に入れて置いたりするよりも、ひっかけて“バナナが木になっているかのようにする”と傷むのを防ぐことができます。

皮の接点が少なければ少ないほど、バナナは長持ちする果物です。
高温多湿でない限り、「バナナツリー」ハンギングしてつっておくと食べごろも見えてくるかもしれません。

シンプルな形なのに、しっかり安全!滑り止め付

受け代のプレート部分に、滑り止めがつけら得ているので、テーブルなどを滑って落下を防げます。
またフレームの強さは、スチールを利用しているので、バランスが悪い時に転倒を防ぐのにも役立ちます。
キッチンが落ち着いた雰囲気に見えるなら、黄色のアクセントで、果物が飾られているのはオシャレな雰囲気ですね。

あなたも「魅せるバナナ」はじめませんか?

いかがでしたでしょうか。
食べごろまで「バナナツリー」で飾っておき、食べる前に冷蔵庫で冷やして召し上がる・・・
そんな果物の食べ方が出来て、キッチンのアクセントにもなるのは素敵ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【海外でよく見る風景】バナナの長持ち&キッチンのアクセントに「バナナツリー」を彩りとして
この記事をお届けした
NUMK [ナムク]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!